劇団プレステージ

NEWS

2019.06.02

SELECT

第15回本公演決定!
劇団プレステージ

2019年 9月 第15回本公演開催決定!

脚本・演出:福島カツシゲ

会場:CBGKシブゲキ‼

公演概要詳細は後日発表致します!

2019.05.31

SELECT

劇団プレステージよりお知らせ
劇団プレステージ

いつも応援ありがとうございます。

この度、2019年5月31日をもって今井隆文、大村まなる、猪塚健太、風間由次郎、石原壮馬、太田将熙の退団が決定しましたことをお知らせ致します。

退団を表明した6人それぞれは自分の人生と向き合い、「更に飛躍する為に慣れ親しんだ劇団を退団し、個として挑戦していく」という意志決定を致しました。

他の劇団員も、改めて自分の人生と向き合い、12人は「劇団で活動していく」ことを選択致しました。

劇団員18人は皆、其々メンバーが出した答えを尊重し、全員一人一人はかけがえのない仲間であり、家族であり、この絆は消えないことを確認致しました。

18人皆、劇団や個人を応援していただいた全ての皆様(ファミマ―)への感謝の気持ちを、一人一人の活動と劇団としての活動の中でお届けしていきたいと思っております。

まだまだ俳優としても未熟な18人でありますが、この絆を宝物としながら、其々の道を邁進していきます。新たなステージへ立つ18人の旅立ちをご支援いただけますと幸いです

 

 

【今井隆文より皆様へ】

ご報告

 

~たくさんの感謝とありがとうを込めて~

 

 この度、劇団プレステージを退団することに致しました。プレステージに入ったのが、2007年の4月。なので、約12年間、プレステージの活動を行ってきました。例えるならば、小学校、中学校、高校という付き合いになります。この12年間、語り尽くせぬ想いがあり、この文章を打ちながら、色々なことが、頭の中を走馬燈のように駆け抜けています。リーダーでありながら、退団することに対しては、申し訳なく思っています。何より、ずっと支えてきてくださったファンの皆様に申し訳がありません。本当にごめんなさい。

 

「なぜ、劇団プレステージを辞めるのか?」と言われれば、「環境を変えてみたくなったからです」と答えます。

違う場所、違う時間の使い方をしたら、自分はどうなるんだろう?という、すごく純粋な興味と気持ちです。

 

プレステージを続けてきたこの12年間、毎年、プレステージのことだけを考えて活動をしてきました。1年のうちの多くの時間をプレステージに費やしてきました。自分のことより先にまず、劇団プレステージのことだけを考えてきました。劇団に入っていなければ、こんなに多くのことを自分でやってこなかったと思います。12年前の自分は純粋に役者がやりたくて、この場所に参加しました。でも、いまでは脚本も書き、演出もしたり、いろんなことを劇団でチャレンジさせて貰いました。多くの物を頂きました。それもこれも、応援してくださる皆様がいたから、このような経験をたくさんさせてもらうことができました。本当にありがとうございます。本当に感謝しています。

今年、34歳になります。身体が自由に動かなくなるまで、恐らく30年と見積もっています。ここから先の30年の時間の使い方を自分なりに考え、今回、この決断に至りました。人間、いつ死ぬか本当にわかりません。それは、前回の舞台で表現しました。だから、後悔しないように、自分がやりたいこと、自分の直感を信じて、今井隆文はこの世界でまた、新しくはじめて行きたいと思います。

劇団の活動を楽しみにして下さっているファミマーの皆様、これからも、劇団プレステージは続きます。応援、よろしくお願い致します。

今井隆文 

 

【大村まなるより皆様へ】

この度劇団プレステージを退団し、アミューズを退社する事になりました。19歳から所属し、約15年間お世話になりずっと劇団プレステージとともに過ごしてきました。標準語もままならないまま芸能生活を開始し、それでもアミューズの方々は暖かく迎えてくださり、プレステージのみんなは僕に愛を与えてくれました。

そんな劇団を退団しアミューズとの契約を終了することに対し、非常に迷い、悩みましたが、更に新しい表現を求めていきたいと思い決断いたしました。

自分で表現することももちろんですが、誰かの表現の力になれたり、表現の幅を芝居以外にも広げていきたいと常々考えておりました。

身勝手な退団、契約の終了になってしまい大変申し訳ございません。

応援してくださった皆様、本当に感謝しております。

皆様がいてくださったからこそ僕はここまで、そしてこれからも表現を続けていくことができます。

大村学から大村まなるに改名した時は「あれ、この人大丈夫かしら?」と困惑した方もいらしたかと思います。それでも応援を続けてくださる姿を見て心から感謝しておりました。

そしてお手紙、プレゼント、お花、リプライなど皆様からたくさんの愛情を頂くことができて幸せでした。皆様の笑顔を見ていると僕もとても嬉しい気持ちになりました。

「イブアイしずおかエンタ」は今後も出演致します。応援していただけましたら幸いです。約15年所属したアミューズ、劇団プレステージは僕にとってかけがえのない場所です。なにより劇団プレステージは僕の全てでした。

メンバーが大好きです。愛しています。一生愛しています。

ぜひ今後とも劇団プレステージをどうぞよろしくお願いいたします。

 大村まなる

 

 

【猪塚健太より皆様へ】

この度、私、猪塚健太は劇団プレステージを退団いたします。

劇団プレステージを応援してくださっている皆様、突然の発表を深くお詫び申し上げます。

この決断に至るまでには、語りきれないほど本当に様々な事がありました。

約2年、劇団公演から離れている間にもたくさん考え、悩み、葛藤もいたしましたが、また新たな環境に身を置き挑戦していきたいという想いが強く、誠に勝手ではありますが、劇団に所属して10年という節目に退団させていただくこととなりました。

 

自分にとって劇団プレステージで得たものは計り知れません。10年間という長い間、苦楽を共にし、心を許し一緒に活動してきた仲間がいたからここまでやってこれました。

劇団員、スタッフ関係者の方々、そしてなにより、今まで応援してくださった皆様には、感謝しかありません。本当にありがとうございました。

 

劇団で得たもの、感じたものを決して忘れることなく、今後も1人の俳優としてより一層精進してまいりたいと思います。

本日をもちまして劇団は退団いたしますが、今後とも、どうか劇団プレステージをよろしくお願い致します。

 

猪塚健太

 

 

 

【風間由次郎より皆様へ】

劇団の旗揚げから参加し、ゼロから演劇を創作する事で、その大変さの中に数えきれないくらいのやり甲斐を見つける事ができました。その中でも、自分達のステージを自分達で作るという経験をさせて貰えた事は、この先もずっと忘れる事はありません。

劇団プレステージがなかったら今の自分はいません。劇団員や公演に関わってくれたスタッフさん達と切磋琢磨してこなければ、今の自分はいません。

劇団員としてだけでなく、人としても多くの事を勉強させてもらえた私は、この先の俳優人生を一人の俳優として挑戦したい気持ちが強くなっていきました。

そんな私の身勝手な想いも理解してもらい、暖かく送り出してくれた劇団と劇団員に心から感謝しています。

そして何より劇団プレステージを応援してくれている皆さんには、なんと言葉にしていいかわからないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。

これからは一人のアーティストとしてアミューズで俳優を続けていきます。どうか劇団プレステージと共に応援して頂けたら嬉しいです。

 

風間由次郎

 

【石原壮馬より皆様へ】

この度、6年間お世話になりました劇団プレステージを退団することになりました。10代のときに東京で右も左も分からない自分が初めて舞台に立たせてもらった場所も様々な出会いのきっかけを作ってもらったのも劇団プレステージでした。感謝してもしきれないほど沢山の経験をさせていただきましたし誰よりも自分を育ててくれた場所だと思っています。

自分はこれまで劇団やグループの一員でしたが、これから先どう進んでいくか将来を考えていたときに集団に属するよりも個人でいる方がより厳しい環境になるのではないかと思いました。もちろん劇団への色んな思いはありますし、葛藤もありましたが自分も20代中盤になりこれからそこで勝負できない限り先はないと思い、より厳しい環境に自分を投げ入れて挑戦してみたいという考えに至りました。これまで沢山面倒をみていただいた先輩方や応援して下さった方々に恩を返しさらに楽しんでもらえるよう、益々精進していきたいと思っています。本当にありがとうございました。これからも劇団プレステージと石原壮馬の応援をよろしくお願い致します。

 

石原壮馬

 

【太田将熙より皆様へ】

この度、約5年間活動してきた劇団プレステージを退団することになりました。

 

劇団プレステージという集団に属している中で、いつの間にか慣れ親しんだ先輩達との作品作りをしている居心地の良さに甘えてしまっている自分がいました。

劇団の公演をやるときは自分より経験豊富な先輩方がいて心強く、毎公演きっと先輩がいるから良い作品になるはずとそんな気持ちがありました。

 

しかしこのまま今の環境でやっていて良いのだろうか?

先輩方は自分が劇団に入るより前の今より厳しい環境下で活動してきています。

 

自分はちゃんと成長できているのだろうか?

今この年齢で厳しい環境に自らを置き、自分が一人でどこまでできるのか挑戦するべきなのではないかという気持ちが強くなり退団を決意致しました。

 

劇団プレステージを応援してくださるファンの皆様には突然のご報告となり申し訳ありません。

 

プレステージは自分にとっての基盤です。

入団当初右も左わからずでお芝居はもちろん、舞台がどのようにして作られるのか、仕事への向き合い方等沢山のことを学ばせていただきました。

そして色んな作品に、色んな方に巡り会いました。

劇団プレステージという居場所があったから今の自分がいますし、応援してくださる皆様とも出会うことができました。

役者としても人間としても勉強させてもらった劇団プレステージには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

今後は太田将熙個人としてフィールドを決めずに活動していき、今以上にお仕事に邁進していく所存です。

 

自分は劇団を退団致しますが、劇団プレステージの応援を今後とも宜しくお願い致します。

 

太田将熙


6/1(土)21:00より新体制でのメンバーによりストラボ配信をさせていただきます。
是非、ご覧ください。



2019.04.17

SELECT

第14回本公演「おわりto はじまり」DVD発売決定!
劇団プレステージ

2018年12月におこなわれた劇団プレステージ第14回本公演「終わり to はじまり」のDVDが発売!劇団リーダーの今井隆文が作・演出を担当。Wキャスト(今井隆文/株元英彰)の出演の2公演を収録した豪華2枚組。

■作・演出:今井隆文

■出演者:今井隆文(Wキャスト)、岩田玲、太田将熙、大村まなる、風間由次郎、株元英彰(Wキャスト)、きづき、小池惟紀、向野章太郎、坂田直貴、秀光、園田玲欧奈、髙頭祐樹、長尾卓也、原田新平 

■DVD仕様:2枚組(今・盤《今井出演回》+株・盤《株元出演回》) 

※オーディオコメンタリーあり

【今・盤】→今井、きづき、小池、原田 【株・盤】→株元、大村、坂田、長尾

■価格:¥6,480(税込) 

■発売日:6月3日(月)

■商品番号:GTCG-0725

先着予約特典:劇中ブロマイドセット(個人カットあり・20枚)

5月10日(金)23:59までのご注文分

*特典はご注文商品個数ごとにお付け致します。

 *特典数量に限りがありますので、無くなり次第終了となります。ご了承下さい。

  • ストラボ東京