劇団プレステージ

gekipedia劇団プレステージ 豆辞典

  • やめろって!千葉ロッテ!
    銀の劇プレの放送中に、千葉出身の長尾卓也が生み出したギャグ。
    一発ギャグというよりは、会話の中で、なにかを制したいときに用いる種類のギャグ。
    シンプルで汎用性も高いので、ストラボやイベントでも度々使用され、流行した。


    用例:「もー、その話はやめろって、千葉ロッテ。」 出典:銀の劇プレ #4
    2016.7.22

    ヤルシカ、ナサソウダナァ!
    第10回本公演「Have a good time?」のシュウ(風間由次郎)の台詞で、劇団員の間でブームになったフレーズ。
    カタコトでしゃべる台詞だったのだが、風間のイントネーションが耳に残る独特なものだったため、流行りだした。

    使用されると盛り上がるが、当の本人である風間が使用しているところは見たことがないので、自分の台詞がブームになっていることをどう思っているかは定かではない。
    「やるしか」の部分を、「○○するしか」に変えて使われることも多く汎用性は高い。

    (使用例)
    1)バイトするしか、ナサソウダナァ!
    2)A「やるしか」B「ナサソウダナァ!」(複数人で台詞を分けて使用)
    2016.1.22

    やられたらやり返す、バイ〇ンマンだ!
    高橋秀行の鉄板ネタ。
    一世を風靡したテレビドラマの名ゼリフから引用し、アレンジしたもの。
    「どうも~!ヒデだよ~!やられたらやり返す…バイ〇ンマンだっ!」までがもはや自己紹介になっている。
    一時期劇団内でブームを巻き起こし、類似ネタも出現した。ブームは去ったものの、未だ活躍中のネタ。

    (由来)
    1)「倍返し」の"倍"「バイ〇ンマン」の"バイ"をかけている
    2)バイ〇ンマンは毎回負けてしまうが、やられたらやり返す精神を常に持っている。(ハズ)という点から生まれた。
    2016.3.18

  • 妖怪ちねり
    休憩中の楽屋に現れる妖怪。
    楽屋内をねり歩き、メンバーの鏡前にちねった毛を振りまいてまわる。
    どこの毛なのかは、ここでは言うことが出来ない。

    出典:「ブラックパールが世界を動かす」DVD特典映像>平埜生成が世界を動かす~ディレクター平埜生成の舞台裏レポート~

    (外部リンク)
    DVD 劇団プレステージ第8回公演「ブラックパールが世界を動かす」
    http://www.asmart.jp/p_10009286
    ※現在はSOLD OUT
    2016.1.26

  • 期間限定会員制サイト「P-1」
  • ストラボ東京
  • メールマガジン「プレハブ」登録はコチラから